« 窓際の畑 | トップページ | ちょうふ おっぱいの会5/21 »

2008年5月17日 (土)

妊婦って美しい ~マタニティ・ヨーガ 5/16

昨日16日は調布市民センターあくろすの和室での
マタニティ・ヨーガのクラスでした。
*現在、マタニティ・ヨーガは毎月第1・3・4木曜日に
調布あくろすで開催しています。(要予約)

http://homepage3.nifty.com/dohiru/mamagokoro/

皆さん、調布市内か近辺在住の妊婦さんでした。
しかも、初めての方ばかりwink

いやあ、妊婦さんって美しいんですよ。
おなかのラインを含め、全体がまろやかな雰囲気なんです。
幸せホルモンがもわ~~んと出てるっていうか。
そのとき特有の「美」があると思うのは、
私だけでしょうか。

Dscf1192_2

               この辺に横隔膜があって、、、 →

昔は、それこそ「腹ボテ」とかっていわれて、
女は子供ができると変わるとか、
ふてぶてしくなるとか、いろいろいわれましたが、
...それが自然ってものです。
むしろ、その自然な本能ってものに立ち帰る、
そのお手伝いをマタニティ・ヨーガでしているわけなんです。

マタニティ・ヨーガは単なる肥満防止のエクササイズでは
ございません。

妊娠中の重い身体を楽にし、緊張しがちな心をほぐします。
そして「陣痛」を迎えたときの痛みの逃し方、
出産本番、分娩その時の産みやすい姿勢、
それらすべてを練習し備えるためのものです。
妊婦さんにとってはかなり実用的・実践的な
ものなのです。
これは、頭でなく、とにかくからだで覚えていっていただきます。

だってそうじゃないですか。
お産とは誰が教えるわけでもないのに、
動物は自然におこなっています。(不思議~)

この部分だけはまだまだ人間の世界でも
科学化・機械化されていない、できない部分で
あるわけなので、本来動物である人間も、
そこに立ち戻って出産しなければならないわけです。

もちろん、出産が医療の範疇にとりこまれたことで、
母体の安全が守られ、新生児の死亡率を低くすることに
なりました。

でも、いろんな医療システムにがんじがらめになり、
「医療の都合」でのお産にもなりがち。
でも、決して皆さんに
「自宅出産で、畳の上で助産師さんにとりあげてもらいなさい!」
と、申し上げているわけではありません、念のため。

お医者さんや助産師さんに分娩台の上で
「こうして、ああして!」といわれているうちに
なんとなく生まれちゃった!
という出産が普通だと思います。

しかし、ここへいらして参加された方には
「ここで、こうして産んでよかった、良いお産だった」と、
心から思える、人生の思い出になるようなすばらしい出産に
ご自分でしていってもらえるといいなあ、と思います。

つい熱くなりすぎました...。

↓ふぅ~~と息を吐いて~
Dscf1201_2








昨日は、ヨガは基本のキの「呼吸」がテーマでした。
おなかが張ったとき、眠れないとき、
陣痛のとき、かなり使えまっせ!

そして、管理栄養士の私からの「ワンポイント・マタニティ・トーク」は
「妊娠中のお食事について」(これも基本のキです!)を
テーマにお話。
(でも、一般に病院とかではここまでの基本はお話しないかな)
そして自己紹介・質問タイムをとりました。

皆さん、雰囲気が和らいでいいお顔をなさって帰られました♪

|

« 窓際の畑 | トップページ | ちょうふ おっぱいの会5/21 »

マタニティヨガ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513308/41235620

この記事へのトラックバック一覧です: 妊婦って美しい ~マタニティ・ヨーガ 5/16:

« 窓際の畑 | トップページ | ちょうふ おっぱいの会5/21 »