旅行・地域

2009年8月19日 (水)

おいしいもの・楽しいもの旅♪in 南房総 その二

Dscf0395



















Dscf0027











Dscf0033











二日目。鴨川にて。

全国的にも有名なこの水族館。

イルカショーやシャチのショーの草分け的存在ともいえる
鴨川シーワールドにも!!!行ってまいりました。
水族館フリークの私は、今までいろんな大型水族館に
行きましたが、やはりこれは!!という精度と
豪快さのショーがもりだくさん。
(動物達のチームも大きいのだろうと思われます)

↓お母さん、泣いてます(感激)...
 ここには、「笑う」アシカもいるそうです。

Dscf0042

















なにより、動物達の技の切れがよく、
そして、数がそろっていること。
さすが!!全国各地から動物トレーナー志望の人が
修行に来るという場所だけあります。

シャチの赤ちゃんも、4月に生まれたばかりとのこと。
しかも、オスは全国初。
出産シーンも展示ゾーンで流れていました。
(ふ~~ん、やっぱり泳ぎながら産むのか...
これぞ本当の水中出産だ...)

赤ちゃんはもうかなり大きくなっていて、
おっぱいは飲んでいますがえさも良く食べて
成長は順調とのこと。
すでに、お母さんやおばさんたちに混じって
スイスイ泳いでいましたよ!かわいい~
(お名前も、公募して「アース」と決定したそうです)

入場は、9時開始なのですが、
各種ツアーに参加するためには、
8時半から配られる整理券をならんで
ゲットしなくてはいけません。
早めに出て8時半前に到着したものの、
すでにゆうに100人以上人が並んでいました(汗)。

整理券は、1グループにつき1枚なので、
もしかしたら大丈夫かもとならんでいたら、
何とかもらうことができました。
そして、整理券に書いてある時間に受付ブースまで行き、
ツアー券を購入するのです。

時間通りにいってみたものの、一番人気のシャチにタッチ!と
シロイルカに会える水族館バックツアーは売り切れ(涙)。
イルカにタッチ!と展示水槽でえさやりツアーには
参加することができました。

Dscf0069











シロイルカ(ベルーガ)のショーも見たのですが、
彼らのかしこさ、不思議さにはびっくりしました。
目隠しをしていても、仲間同士でしっかりと
コミュニケーションがとれるらしいのです。
イルカも、仲間同士超音波で話ができるとは
きいていましたが...。

写真の左側にいる子が、目隠しをした
右側の子に「どっち向きにまわるか」をつたえると、
そのようにぐるぐる回るのです(驚)。
(トレーナーのお姉さんは、仕込みではありません、
とランダムにやって見せました)

友人の話によると、ベルーガはさわるとぷにぷにらしい。
あ~さわりたかった...。

お天気は、この時期にしては暑すぎず、
寒すぎず...。
快適な水族館日和でした。

水族館見学の後は、単身お散歩にでかけました。
この近所(安房天津)にすむ、友人に会いに、、、
と思ったのですが、彼女は運悪く、
インフルエンザと闘病中。
なのでホテル近所にある、地元では縁結びでも有名な神社に来ました。
べつに、縁を結んでほしい人がいるわけではないですが(笑)。

                           ↓こちらが、お神水のとり口があるほこら。

Dscf0111

Dscf0109

 

境内にある井戸から出るこちらのお神水は、
吉日にはたくさんの人が汲みに来るとか。

社務所でいただいた麦茶は、ことのほかさわやかなお味だったので、
つい聞いてみたら、このお神水で入れたとか。う~んすばらしい。

ちょっとした谷あいにあるこの神社で、リラックスタイムを楽しみました。

Dscf0123 Dscf0126

←2晩目の夕食は、ホテルのバイキングを無視...(汗)してきた「舟よし」さんで。豪快!!

また、こようっと♪秋とかも良さそうだな~。
よかとこ南房総!!

| | コメント (0) | トラックバック (2)

おいしいもの・楽しいもの旅♪in 南房総 その一

7/31~8/2の2泊3日で南房総(館山・鴨川)へ
家族でドライブの旅に出かけました。
グルメな旅にするぞ!と心に決めて...(笑)。

Dscf0321



















↑湯気あがってます~ ソーセージ各種のグリル(ランチセット)♪

まずは、1日目。
朝出発してアクアラインをわたり、降りて小30分も行くと、
館山市。
丘あり、田んぼあり、ゆったりしたところだなあ...。

友人おすすめのてづくりパン屋さん「ばんぱん」に
立ち寄って予約しておいたパンをゲット♪しました。
(カーナビにたよってもなかなかたどり着けず、
結局電話でさんざんおせわになりました(汗))

↓ばんぱんさんの入り口。
Dscf0293










おうちのパン工房で、息子さんとパンを焼いていらっしゃる
伴さん。友人にお話を色々伺っていたので、
ぜひ!お会いしたかったんです。
お会いできて嬉しかった。
私のてづくりジャムもさしあげました。

車の中がパンのいいにおい~~~で
いっぱいになっても、ちょっとがまん!!!
ランチでばんぱんさんのパンも食べられる
てづくりソーセージのレストラン、Saint Schweinへ!
(ドイツ人の夫を持つ友人の話では、St.Schweinとは、
直訳で「聖なる豚ちゃん」意味、スラングでは
4文字語に近い意味××××とか。
う~ん、ご主人はおいしい肉を提供してくれる豚さんに
敬意を表したかったのであろう...が)

Dscf0318











↑これは、私がオーダーしたホットドッグ♪

↓ばんぱんさんのパンとセットのサラダ♪

Dscf0326
Dscf0312










デザートは、カボチャのアイスぅ~~↓
Dscf0333











以上を、
Dscf0298
Dscf0329














こういう眺めのところでいただきました!!
...美味しゅうございました。(満足)

あとは、ホテルにむかいました。
ホテルグリーンプラザ鴨川
ハイシーズン料金なので、施設的にはちょっと割高感あり。
ホームページの写真ほどには見かけは良くなく(笑)、
つくりは70年代後半風。それでも掃除は行き届いてOK。
全室オーシャンビュー(我々の部屋は和室でした)、
磯遊びのできる干潟が目の前、
遊泳できる砂浜は歩いてすぐ、
朝食・夕食はバイキング。
シャワーつきプールあり。
元宴会場の畳敷きの大広間はゲーセン&お子様遊技場。
洗濯機は無料で使えます。
その他無料貸し出し物たくさん。

そんなこんなのファミリー仕様がうけてか、
ファミリーでいっぱいでした。
はい。うちは部屋がぎりぎりでもとれて、
ラッキーな限りでした(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 1日 (水)

ヒューストン トピック その1

3月末ヒューストンに滞在中、ジョンソン宇宙センターに見学に行きました。
(滞在中唯一のさっぶぅ~い日だったのですが)

Dscf2112











↑ツアートローリーからはこんな感じです。(あ~寒い)

ヒューストン市街からハイウェイで約1時間。
ジョンソン宇宙センターの端には、
一般の方の見学用のセンター「スペースセンターヒューストン」があります。
この建物の中に映画館やイベントステージ、博物館と
子供向け遊具などもあります。
そして、ここのツアーステーションからトローリーバスがでており、
ジョンソン宇宙センターを見学する各種ツアーに参加できます。

ジョンソン宇宙センターでは、我々もよくTVでみることができる
スペースシャトル打ち上げ以降の管制や、
宇宙ステーションその他宇宙飛行に関する運用・管制・研究
そして宇宙飛行士の選定や訓練などがおこなわれています。
建物には番号がふってあって、まわりには駐車場があって、
なんだか大学的な雰囲気。
およそ3000人の人々がはたらいていて、規模的には
ひとつの町ともいえる広さ。
ラッチボックスを抱えた人があるいてました。
(食堂とか、ちゃんとあるのかな~??などと、
栄養士的には気になるところ)

もちろん、センター周辺の町はセンターに勤めている人々が
たくさん住んでいます。
(日本料理のレストランちらほらあったので、
 日本人もたくさんいるのでしょう)

ちょうど、スペースシャトル打ち上げの日に到着した私たちは、
その日の夕方、テレビでオンタイムで打ち上げを見ました。
(打ち上げ自体はフロリダですので)
見学に行った日は、ちょうど若田さんたちが船外作業を
やる時だったようで、その画像を映画館でオンタイム上映!!
宇宙を身近に感じますね~。

Dscf2101











↑建物の端から端までは、多分150m?以上あるのでは。


でかい...とにかくでっかいんです。
↓右下に写っているタイヤは、多分直径2.5mくらい。

Dscf2091_2



















実は、2000年にも一度ここには
来たことがあって2度目です。
変わったところはといえば、
少しイベント広場とお土産屋とフードコートが充実して、
むき出しで風雨にさらされっぱなしだったサターン5型ロケットを
一応建物で保護したところかしら。
(この建物がとにかくでっかいんですが)

私が1番好きなのは、やはり旧管制センター。
Dscf2079









「プロジェクトX」じゃないけれど、熱い歴史が
感じられて、わくわくします。
新管制センターは、ちょうどこの真下にあるそうで、
もちろんモニターで見れました。
ここには、管制センターのOB?らしきボランティアのおじさんがいて、
ガイドをしてくれました。カッコよかった~think

博物館には、まさに宇宙に行った本物!!
が展示してあり、これも子供たちにはたまりません。
こういう環境があると、きっと宇宙飛行士にあこがれて、
ほんとうに目指していく子供たちも多いんだろうと思います。

いや、日本だって負けていません。
宇宙航空研究開発機構(JAXA)は去年から今年10年ぶりに
宇宙飛行士を公募したところ、過去最高の963人が応募、
そのうち2人が候補に選ばれたそうです。
(しかし、500倍の倍率って...汗)
みんな、夢を持って待ち構えていたんだね!!
がんばれ~~!!

Dscf2119

Dscf2133







Dscf2138 Dscf2136













←↓スペースシャトルのコクピットが
そのまま切り取って置いてあります。
さすが、やることがちがいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)