シニアとライフ

2008年12月26日 (金)

12月のご報告 マタニティ&産後ヨーガ、高齢者給食(むかしギャルズとランチ♪)

こんにちは。
今日はまた一段と寒いです。
北陸・甲信越・東北ではやっと雪が!!!
これでスキー場もやっと本格オープンですね。
ヨカッタヨカッタcoldsweats01
冬休みの書き入れ時に雪が無くちゃ始まりませんから。
やっぱり寒い時は寒くないと...。
とは思いますが個人的には寒いのは苦手です。
(福井の雪国生まれですが)

福井を含む北陸地方では、冬に水ようかんを食べます。

これが、とても美味しいのですlovely

ま、それはまた別の機会に語るとして、、、。

12月は忙しかったですね。あたりまえか。

Dscf1715

←高齢者給食のボランティア12/10

当日は、なんとスウィーツバイキング!!!

むかしギャルズたちも、ウッキウキnote

Dscf1717

 

 

 

 

Dscf1726








Dscf1731


赤ちゃんころころ産後ヨガ12/11

クラスがおわって一息だねdash

おちゅかれさまheart01

Dscf1729

 







Dscf1792









↑はぁ~い、妊婦スクワット~~sweat0112/18マタニティクラスにて

12月に入ってから、お部屋の予約時間を長くしました。

そして、クラスの後にお茶タイムcakeをもうけました。

私の手作りお菓子でなごんでいただいていますdelicious

妊婦さん、初心者ママたちが情報交換もしていい感じ。

卒業生さんたちもぜひ遊びに来てね~heart

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月10日 (木)

むかしギャルズ(&ボーイズ)とランチを

毎月恒例、第2水曜日は「高齢者給食(ネーミングがああもぉ)」。
昨日は、新しいボランティアメンバーさんがDscf1463
作業に加わってくださいましたnote
それだけで、また余裕が生まれ作業の楽しさも倍増です。

さて、昨日のメニューはというと、
・グリーンピースご飯
・いわしの香味揚げと緑黄色野菜のつけ合わせ
・ナスの素揚げのオクラおろしがけ
・がんもどきとぜんまいの煮物
・大根ときゅうりの浅漬け
・ブラマンジェ

おお~デザートにブラマンジェ!heart04
さすがリーダー&ベテランKさんのお献立。
上にのっているのは、チェリーとミントの葉、
そして私がお持ちしましたかりんジャム
今回、ブラマンジェ用の香料をお忘れだったとのことで、Dscf1471
私が差し入れに持ってきたジャムをソースに使いました。
これがグー(エドはるみさん風)!

いくつになってもhappy02スゥイーツ大好きな
むかしギャルズのお口にもあったようで、
お残しゼロ...。でございました。scissors

一人暮らしではなかなか作らないであろう揚げ物は、
お体のことを考えてちょっと量少なめでしたが、
やはり好評。
そりゃ、ナス何切れかを揚げたりはしないですよね。
お店に売ってるものも、何だかあぶらっこいし。

ほとんどの方が、今回も完食!されました。

ボランティアの私たちも、様子を見ながら
一緒にいただくのですが、私もお話に加わりながら
いただきました。
今回はまた皆さんひときわゆったりとした
お顔で召し上がっていました。

「みなさんにはね、ご飯よりも、あなたみないな
若い方とのお話が何よりのごちそうなのよ~heart02
とは、ベテランのKさん。

sweat02自分が若いかどうかは別として、
...そうかぁ~。
私は、おばあちゃんっ子だったので、
(参照:「野菜の神様」)
楽し~くおしゃべりしているだけなんだけど。

私、「ボランティア」メンバーの中では、
若輩であります。
ご同輩にはなかなか会わないのであります。
確かに、ご同輩たちは、まだまだ子育てに、
仕事に、多忙なのであります。
私も、決して「ヒマ!」ではなく、もちろん
いろいろと繰り合わせはしておりますが。

ボランティアとして、時間や労力を
無料で提供するわけですが、
お金をいただくかどうかは別として、
それ以上のメリットを感じています。

Dscf1469 人とのつながり。
知識や経験。
最初は「無料の料理教室?」のような
感じで捉えていましたが、
まだまだ、いろいろ学べそうです。
楽しいですよ。

お庭の花々を、いつも持参されるKさん。
            今日はこちら
tulip



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月19日 (木)

むかしギャルズとランチを

調布市には「社会福祉法人 調布市社会福祉協議会」という組織が、
駅前のグリーホールの隣にあります。
そこが、おこなっている高齢者向けのサービスの一つに、
「高齢者会食サービス」っていうのがあるのです。

これは、70歳以上の方が1食400円で毎週1回、
調理ボランティアがつくった昼食を
各地域福祉センターで食べられるというもの。

この調理ボランティアに、月に一回参加しています。
でもな~んか、「高齢社会食」って、
そのまんまだけど微妙なネーミングなんですが。Dscf1365
(たとえば、「げんき!ウェルカムランチ」とか?)

  本日は、「ちまき」が主食!デザートまでついてます→

こんなサービスがあると知ったのは、
たまたまその地域福祉センターでやっていた
イベントで、うちの娘の保育園の園児たちが
お遊戯で参加したのです。
それをビデオにこっそり収めてやろうと、
潜入したのがきっかけ。

その日は、たまたま会食サービスの日で、
調理室でボランティアの方々が調理していらしたのです。
キッチンがあるならさっそくチェーック!
しないと気ががすまない私は、
何の気もなく覗いてみました。pig 

そしたら、ボランティアに誘われたというわけです。
「月1回なら、続けられそうだし、楽しそう!」と、
シニアなボランティアの方々の仲間入りをしました。

Dscf1361

3月からはじめましたが、
いや~、ちょっと大変ながら楽しい。
なんせキャリアが長~い方々と、
お料理なわけですよ。
お料理の手順や、
季節のメニュー構成を見るだけでも勉強になります。
まさに目からうろこのことも多いです。

家庭料理の延長で、味付けも多少アバウトながら、
薄味でとても美味しいです。
また、ボランティアそれぞれのうちで
たくさんもらった食材なども持参しておすそわけ。
なんだかとにかくアットホーム。

ここ最近は、私提案のレシピも何品か
取り入れていただき、
「毎年、同じ時期には似たメニューになりがちだけど、
若いヒトがきてからはまた違うわぁ」と
喜んでいただいている模様。Dscf1366

調理の後は、地域福祉センターまで
食べにいらした、15名の
むかしギャルズ(アンドボーイズ)と
楽しい昼食会です。
結構な量ですが、皆さんぺろりと
召し上がります。happy01

前回、「あまり食欲がなくて」とおっしゃって
ちょっと多めに残された男性が、
今回はがんばってたくさん召し上がりました。
「今日はたくさん召し上がってくださったんですね」
と申し上げたら、
「おいしかったですよ」と
言ってくださいました。
嬉しいものです。

その方は、近年奥様を亡くされて、
軽いうつ状態になられていたそうです。
それを、ボランティアの一人の方がDscf1373
何度も誘って、やっと出てきてくださったそうです。

その場所まで、その日天気が悪くても
歩いてきて、ご飯を食べる。
そんな小さなことが、
その方の健康につながっていく、
そういうこともあるのだなあ、
と思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)