妊娠前のカラダ塾

2010年6月14日 (月)

ママゴコロくらぶ サテライトプログラム 【妊娠前のカラダ塾】

「ママゴコロくらぶ」のサテライトプログラムが
世田谷区は豪徳寺で先月始まりました。

その名も、「妊娠前のカラダ塾」。
ママゴコロくらぶの代表顧問トレーナー、浦松治子さん監修。
講師は、彼女の愛弟子である 田中 美佐子さん。

集まったのは、
>既婚者、未婚者、出産したことのある人、無い人・・・

そう、ここは私たちママゴコロくらぶが以前から構想していた、
「プレマタニティ・クラス」。

子供を産みたい、妊娠したい...。
そんな女性たちのためのクラスです。
子供を授かれる体になるには?
をみんなでふか~く!探っていきます。

まずは、カラダとココロを一つにしていく。

現代の都会生活、いや田舎生活であろうと、
今の時代はカラダとココロがずれた状態で
生活しているひとが多いようなのです。
脳ばっかり?を使う生活が多いですからね。


カラダとココロが「ずれた」とか、「離れた」というのは、
ちょっとヨガ的なとらえ方ですね。

つまり、マタニティ・ヨーガでも目指す、
「身体感覚を取り戻す」ということになります。

「身体感覚」ってなんだろう?

朝、おきたとき、「今日は気分がいいな」とか、
「なんだか腰が重いな」とか、
「よく寝たからか、頭がスッキリしてる」とか、
「食欲を感じないな」とか。

風邪を引く前のあの感じ。
「のどがひりひりする」
「鼻の奥が乾いてる気がする」
「何だか背中やお尻がぞくぞくする」
など。

このカラダの声を、ずっと無視してすごしてしまうと、
急に疲れで倒れたり、
いきなり熱を出したり。
長期的には、慢性の病気にかかってしまったり。
ご本人的には、「あれ?」でも、
カラダはちゃんと知っていました。

これらのカラダの声をちゃんととらえ
カラダの管理ができるようにならなくては
「自分のカラダの中で」赤ちゃんのカラダを作ったり、
そして産んだり、
ましてや育てたり、お世話をしたりするのは
なかなか至難のわざとなります。
自分で自分のカラダが住み心地よくないのに、
自分の中にもう一つの命をかかえたら?

まずは、今までお世話になってきた
自分のカラダとココロを見つめなおしていきます。
そして、自分がまず住み心地の良い、カラダをつくります。
妊娠しても無理がかかりにくい、住み心地の良いカラダを、
楽しみながらつくっていきましょう。

そしてきっと、そんな住み心地の良いカラダには、
すでにしあわせなココロが宿っているでしょう。
楽しみです♪

詳しくは、上記ブログ(Personaltraining.jp)URLへ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)